株式会社幸工務店

■ホームドクター[住宅医]として~

世の中お盆休みです。

暑さ寒さも彼岸まで、まだまだこの暑さはあとひと月ほども続くのでしょうか。
この夏、7月初旬に襲った未曽有の大雨により、多くの水害と土石流による土砂災害を経験し、今なお土石流の処理には多くの時間を擁しそうです。
この度被害に遭われた方々にはたいへんなご苦労と不安が積み重なっていることと思います。心よりお見舞い申し上げます。
また、災害復興にあたっては多くの専門家や行政職員、ボランティアの方々が酷暑をものともせず、我が事のように活動されたおられる方々にはほんとうに頭が下がる思いです。

さて、世の中お盆休みです。

かく言う弊社も8/12(日)~8/16(木)まで、土日が絡む大連休となっております。
が、僕自身は普段通り、出勤し、通常業務をこなしております。
とはいえ、各業者様やメーカー様も絶賛休業しておりますので、諸々普段できないことをじっくり腰を据えてやろうと思っておる次第です。

・新築・改修を問わず設計をすすめるにあたって整理したい与条件の整理
・現行物件の諸々チェック
・BIMによる設計の下ごしらえ
・『積ん読(ツンドク)』になっている読みたい本や雑誌を少しでも減らす
・お客様から頂戴した録画したテレビ番組をチェック
・道具の手入れ
などなど、どれから手を付けていいものやら、まことに『意馬心猿』の如きです。

そういった中、お客様よりお電話などで遠慮なくご相談いただくこともあるわけです。
もうヨロコビしか感じておりませんで(笑)、結局お客様宅へと出向き、お話をお伺いするわけです。

なぜヨロコビしか感じないかと申しますと、僕をホームドクター[住宅医]として頼ってくださっていることが伝わってくるからに他なりません。

建築業界・住宅業界は、とかく『分業化』が進んでおります。
住まいに関するご相談は誰にしたらよいものやら、悩まれておられる方も少なくないことでしょう。
新築にしかり。
改修にしかり。
空き家対策にしかり。
大きな組織こそ分業化は著しく、さぞやシステマチックに万事を解決していらっしゃることと推察します。
弊社にはお恥ずかしながらまったくその兆しもございません。
むしろ真逆の路線を歩んでいるように思えてきます。
それは、僕自身が分業していないことが大きな要因ではないかと思うわけです。

僕は建築士です。木造専門ですが、一応一級建築士です。
そして、大工でもあります。
また、現場監督も同様にこなしております。
『マチバの工務店』として、ケースバイケースの事だらけ、それぞれ一つとして同じことはありません。
それらを現場にて、話し合いによって判断し、解決策をご提案する。
そこには、設計者・建築士としての見解、現場サイドとしての勘どころや経験に基づいた着眼など、ワンストップで処理できることも分業していないメリットかもしれません。
また、それぞれの分野、工種・工目についても切磋琢磨し、古い設計や工事も知り、最新の工法なども情報収集を怠りません。
もちろん、スーパーマンではありませんから、頼りになる各専門職に相談はします。
電気であったり、給排水であったり。行政がらみのことや構造のことも、そのツテがあることは非常にありがたいことだと思っております。
「カギの調子が悪いんだけど」
「エアコンの具合が…」
「どうも水が漏れてる気がする」
「雨が漏ってるんじゃないかな」
「どうも床がふかふか(ギーギー)するんだけど」
「夏、暑いんだけど」「冬寒いんだけど」
「高齢でいろいろつらいんだけど」
「ペットと快適に暮らしたいなあ」
etc…
数え上げればきりがない「住まい」や「暮らし」に関するご相談。
気軽に相談できる専門家、みなさんそれぞれお持ちでしょうか?
新築されたばかりの方は「家を建ててくれた会社」、という方がほとんどかもしれません。
でも、マンションにお住まいだったり、中古住宅購入となると一から探さなくっちゃなりませんね。

正直、エアコンが調子悪いとお聞きし、急いでかけつけるとリモコンの電池が切れていた、という笑っちゃうような出来事もしばしば。
でも、それも普段からのお付き合いがないと「笑っちゃえない」ですよね。出張費が請求される可能性もありますし。

ぜひとも、信頼できるホームドクター[住宅医]をひとり、見つけておいてください!
まわりを見渡せば、かならずいるはずですよ!信頼できるホームドクターが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>