株式会社幸工務店

『小さな離れ』シュミレーション

Pocket

現在進行中のプロジェクト「小さな離れ」のシュミレーションを行っています。
まずは基本構造。
y%e9%82%b8%e8%ba%af%e4%bd%93
平屋で小さいので比較的簡単に耐震等級3が確保できます。
どちらかと言えば,基礎も含めやりすぎでは?くらいの強度。
でも,震度7クラスが来たときのシェルターにもなりうることを目的としています。

 

続いて,壁と天井に断熱材を入れます。

y%e9%82%b8%e5%a4%a9%e4%ba%95%e5%a3%81%e6%96%ad%e7%86%b1
壁は105mmの高性能グラスウール。
天井は155mmを2重に敷いて,310mmの高性能グラスウール。
ちなみに,床下には100mmのフェノール樹脂を大引間に充填してあります。※見えませんが。

 

そして,耐震要素の耐力面材。
今回は防火性能も高いダイライトMSをチョイス。
y%e9%82%b8%ef%be%80%ef%be%9e%ef%bd%b2%ef%be%97%ef%bd%b2%ef%be%84

 

そして,外部に付加断熱としてフェノール樹脂を取り付けます。
y%e9%82%b8%e5%a4%96%e9%83%a8%e4%bb%98%e5%8a%a0%e6%96%ad%e7%86%b1
y%e9%82%b8%e5%a4%96%e9%83%a8%e4%bb%98%e5%8a%a0%e6%96%ad%e7%86%b12
もったいないので,必要な部分のみの施工となります。

 

その上にサッシと透湿防水シートを施工。という流れ。
y%e9%82%b8%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%83%e3%82%af

 

ここから,さらに施工上問題ないか,換気の取り合い,基礎の納まり,気密の弱点などを探っていきます。
平屋でシンプルなので,うちの標準仕様の説明にも使えるかな,と思っています。

 

どうですか?なかなかリアルにレンダリングできてますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です